日記

2016年11月16日
御殿山通りを安全な道へ!

武蔵野市御殿山 2丁目を歩くと、 御殿山通りに出る ための停止線「止 まれ」の位置がか なり手前にあり、右角の建物 の影響で安全確認が困難な場所に気づ きます。近隣の方にお話を伺うと「車 で御殿山通りに出るさい、右から突然 自転車が飛び込んで来るため非常に危 ない」「御殿山通りの歩道が急に狭く なる部分が歩行者や自転車に危険」と ご意見をいただきました。なぜ停止線が手前すぎるのか。実際 に御殿山通りを調べまし た。東京都収用委員会事務 局に確認したところ、武 蔵野市は2016年2月4 日に東京都収用委員会事 務局に土地収用法による 明け渡し裁判の申し立てを行い、同年8月6日に和解が成立し ていることが分りました。今後は、武 蔵野市が今年度末までに土地を取得、 来年度以降に道路工事着手の予定であ ることも分りました。 歩道が途切れてしまい、安全面に課 題のあった御殿山通りが、より安全な 道路へと動き出したことが今回の調査 で分りました。地域を歩き、地域住民の皆さまと直 接対話し、地域住民の不安や疑問に向 き合い、不安の払拭や疑問の解決に向 け務めてまいります。
前東京都議会議員 松下玲子